ホーム > カラオケ > 息子の音痴は致命的と言ってもいい

息子の音痴は致命的と言ってもいい

カラオケに一人で行きたいと音痴なので思っている私のカラオケにまつわる体験談です。

歌うのも好きだし、カラオケも大好きなのですが、正直、音痴なので、出来たら一人でカラオケの練習に行きたい。

一時期、「一人カラオケ」って言葉、流行りませんでしたっけ。

この頃ちっとも行ってないからますます下手になってしまうし、声も出なくなってしまうし、ストレスも溜まるし。

息子と娘がいるのだけれど、どちらもカラオケが嫌いで、絶対に一緒には行ってくれない。

息子の音痴が致命的と言ってもいいほどなのは、多分私の遺伝のせい。

二回ほど無理矢理連れて行ったのですが、たまたま出ていた映像がなんだか怖かったそうで、すっかりそれがトラウマになってしまって、二度と行くもんか状態。

かと言って、子供をおいて自分だけいくというわけにも行かず、ジレンマです。

一人でカラオケしたら楽しいだろうなぁと思う一方で、いまだに果たせずにいるこの野望。

子供が一人でお留守番できる様になるまでまだ数年かかるから、当分、行けないのかな、とがっかりしてしまいます。

流行の歌を必死で覚えても歌えないまま過ぎていってしまうのが、ちょっと寂しいです。

カラオケを毎日、練習すれば上手くなるし上達も早いよね